JAおとふけ

組合員向け情報

ボラバイター

平成27年度 ボラバイター

ボラバイトは、お金が一番の目的ではなく、普段経験できない仕事を経験し、地方の人たちとのふれあいを目的としたアルバイトです。
ここでは、働くボラバイターの仕事体験談をご紹介します。

体験談

埼玉県出身(20歳 女性)

十勝は畑というよりも牧場のイメージが強かったです。来てみて初めて畑作も盛んだということがわかりました。牛乳やチーズの他に、じゃがいもや豆、小麦も作っていることを知りました。

いざボラバイトに来てみると、辛くはないけれどひたすら地味な作業が続くという感じでした。じゃがいもの選別は難しくはないのですぐに慣れましたが、雑草を抜く作業は大変でした。農作業は初めてだったので、慣れないうちはすぐに疲れてしまいましたが、慣れるとうまく作業を進められるようになりました。

私は人見知りの性格なので、ボラバイト先の方々は少々大変だったと思いますが、おかげ様で何不自由なく過ごすことができました。休みの日にはチーズ工房や池田ワイン城などへ連れて行ってもらえたり、料理を教えてもらったりと充実した日々でした。何もかもわからないまま現地に来てしまいましたが、作業も丁寧に教えてもらえて、来て良かったなぁと思います。


体験談

埼玉県出身(19歳 女性)

これまで農業に一切関わることなく生活してきたため、大学の講義やニュースからしか情報がなく、疑問でいっぱいでした。実際に行ってみると、想像はしていたものの、それをはるかに超える広大な畑と機械化農業に驚きました。後継者不足や地球温暖化など、農業に対してネガティブなイメージしかなかったのですが、音更の方々はそのような雰囲気は感じさせず、毎日作物と真摯に向き合っていました。

普段運動をしないため、一日中立ち仕事な上、晴耕雨読な毎日はとてもきつかったです。でも、大好きな野菜がこんな風にして収穫されているのだと知ることができ、本当に貴重な経験になりました。私がこのボラバイトを終えた後も、多くの農家の方々が大変な思いをされながら作物を作ってくれているということを忘れずに生活していきたいです。

体力がなく、すぐに疲れてしまいご心配をおかけしてしまいました。毎日美味しいご飯を作って頂き、お休みの日には十勝の良いところをたくさん見せて下さり、すごく充実した日々でした。ありがとうございました。

体験談

長野県出身(25歳 女性)

仕事だけでなく、農家の方と生活を共にしたり、一緒に外出したり、たくさんお話を聞くことができたり、普通に働いていたらやはりお金を稼ぐことがメインになってしまいがちですが、ここではそんなことを考えることすら忘れてしまうぐらいストレスの無い時間を過ごすことができました。私達は一度観光しただけでその土地のことを知った気になりますが、実際にその土地に住んで、地元の方々と交流することでこそ本当にその土地を学ぶことができるのだと思いました。そういう点でボラバイトはとても良い経験だと思います。

毎日新鮮な野菜をふんだんに使ったお食事を頂きました。自分達が手間ひまかけて作った野菜が食卓を彩るのは、作物作りの楽しみの一つであるだろうし、私自身も自分が作業に関わったじゃがいもをたくさん食べることができ、とてもありがたかったです。作業はしんどいと感じることも多々ありましたが、皆さんのおかげでのんびりとした一ヶ月間を過ごせました。本当にありがとうございます。


体験談

大阪府出身(22歳 男性)

十勝の酪農のイメージは、夏場は広い牧草畑で牛を放牧しており、冬は牛舎での仕事をイメージしていました。特に冬は除雪もあるので、より忙しいのだろうなと思っていました。

今回、冬場の音更の牧場をボラバイト体験させて頂きました。搾乳、餌の配合、牛舎掃除、牛追いを約一ヶ月間しました。どれも想像以上に大変でしたが、やりがいがあり、一通り出来るようになった時は大きな達成感を得ることができました。

牧場での仕事の指導、美味しい食事、興味深い体験談、その他お世話になったこと全てに感謝しています。特に、仕事に対する情熱と集中力、牛への感謝や思いやりには感銘を受けました。大阪に帰っても、今回の経験を学校生活等で活かしていきたいと思います。ありがとうございました。

ボラバイトのことを知りたい方、ボラバイトへ参加したい方、
もっとボラバイターの体験談を知りたい方は、「ボラバイト」をどうぞ。