JAおとふけ

組合員向け情報

ボラバイター

平成23年度 ボラバイター

ボラバイトは、お金が一番の目的ではなく、普段経験できない仕事を経験し、地方の人たちとのふれあいを目的としたアルバイトです。
ここでは、働くボラバイターの仕事体験談をご紹介します。

体験談

埼玉県出身  (19歳 女性)

「北海道ならではの広大な土地を利用した大規模な農業」というイメージです。どこまでも続く農地、連なる山々に大自然を感じました。今は昔より農業に携わる方が減ってきていて荒れ地になってしまうこともあると聞き、もったいないなと思いました。

普段の生活を離れ、広大な畑で自然を感じながらの農業体験はとても清々しく心も体もリフレッシュできた気がします。また、家族や友人と離れて一人で北海道に来て、受け入れ農家さんと生活させていただく中で自分自身について考えさせられることもあり、自分を見つめ直すきっかけになったと思います。地元の方々とのおしゃべりの何だかとても新鮮で、たくさん笑わせてもらいました。一つ一つの出会いに感謝です。 また、ボラバイト先の皆さんには、本当の家族の様に分け隔てなく接して頂き、マナーからご近所付き合いまで何でも話してくれました。

様々な面で本当に良くしていただき感謝しています。ありがとうございました。

体験談

愛知県出身 (19歳 女性)

初めは、どんどんと休むことなく流れてくるジャガイモに、感動している暇もなく、必死で選別していましたが、何往復か繰り返すうちに慣れてきて、ラジオから聞こえてくる曲を歌いながらの選別と余裕が出てきました。

皆で囲んで食べるおやつやお昼は本当に美味しかった。家族でおしゃべりできる時間がたくさんあるというのは農業のいいところだと思いました。

ボラバイト先の皆さんは、最初に会った時から、とても話しやすく、私のくだらない話にもちゃんと耳を傾けてくれたこと本当に嬉しかったです。農業に対して無知な私に、1から丁寧に教えて下さり感謝しています。

家に帰ったら教えてもらった、いもドーナツ、ナスのバター炒め、鮭のちゃんちゃん焼き等、家族に作ってあげますね。 本当にありがとうございました。

体験談

東京都出身 (20歳 女性)

十勝といえば、酪農が盛んで牛乳の美味しい所というイメージが強いです。 しかし、ジャガイモやビート、人参や小麦などこんなにたくさんの作物が生産されていると知って、驚きました。雄大な北海道の大地と気候を生かして、農家さん達が頑張って良質のものを作ろうとしている姿は、輝いて見えました。

今まで学校で農業実習は体験していたものの、いざ本格的にお手伝いといなるとやはり厳しいお仕事だなと感じました。農家さんのモットーは「この仕事はお天気相手。働ける時に働く」だそうで朝早くから遅くまで忙しく働く農家さんをすごい!と思いました。

25日間という短い日数でしたが、私の人生に大きく影響する、非常に有意義な夏休みとなりました。皆さんには大変お世話になりました。

自分の家族の様に安心でき、楽しかったのは、家族全員B型という共通点があったからでしょうか。特にお母さんが大好きです。太陽のように明るく大黒柱の様に頼もしくユーモアのある方で、生き物に優しい。正に私の将来の理想像です。

体験談

京都府出身  (19歳 女性)

北海道イコール草原と馬!!という感じでしたが…馬は違いました。 でも緑がすごくキレイです。北海道というイメージでした。 高い建物もなく見るところ行くところ畑!!イメージピッタリです。

最初は天候が悪く作業をすることが出来ませんでしたが、自家栽培のほうのお手伝いでは、なるほどって思うことばかりで勉強にもなり、食べ物の有り難みが身にしみました。

ジャガイモの収穫作業は、正直しんどかったです。ずっと同じ姿勢になり黙々と作業をしていると目がクルクル回る感覚が慣れるまで大変でした。

ジャガイモなどの食べ物は食べたらすぐになくなってしまいますが、育つまでには時間と苦労があると思うと、大切な食べ物の命を改めて見直すことが出来ました!

ボラバイト先では、毎日美味しいご飯もいただき、すごく楽しかったです。 最初はすごく不安ばかりしかありませんでしたが、温かく迎えて下さった家族の皆さんのおかげで乗り越えることがました。

毎日笑顔がたえずにいたのですごく楽しかったです。 あっという間に過ぎて寂しく感じます。 ありがとうございました。

ボラバイトのことを知りたい方、ボラバイトへ参加したい方、
もっとボラバイターの体験談を知りたい方は、「ボラバイト」をどうぞ。