JAおとふけ

組合員向け情報

2019-06-11 (火)

「9名が入講」令和元年度 女性大学校開講式及び第1回講座

6月11日、農協会議室にて令和元年度女性大学校(5期生)の開講式を行いました。

笠井組合長による挨拶、受講生からの自己紹介の後、第1回講座では、講師の共済連帯広支所 菅田主査から「共済のしくみ」と、昭和地区の高橋まりさんから「革製品作り」を学びました。講座では、養老共済と終身共済の違い、年金共済の重要性、火災共済と建更共済の違いなど学びました。また、午後からの革製品作りは、ポーチを作りました。

革素材などの色、スタンプのデザイン選びから始まり、手縫いで完成させたポーチを手にし、受講生は大満足の様子でした。

2018-06-12 (火)

「23名が入講」 平成30年度 女性大学校開講式及び第1回講座

6月12日、十勝川温泉第一ホテルにて、平成30年度女性大学校を開講し、23名の女性農業者が入講しました。
土田純雄専務による挨拶、受講生自己紹介の後、第1回講座では、講師の音更町役場防災係 平野主任、須田推進員から「家庭での防災対策」と、音更消防署の鈴木職員、末松職員から「救命救急(AED)訓練」を学びました。
講座では、北海道を震源とする地震は近年10年周期に起きており、自宅のタンス・食器棚等の転倒防止対策の必要性、非常持ち出しリュックの備えも怠らず家族で非常時の話をしておくべき大切さを学びました。
また、音更消防職員によるAEDの取り扱い講習では、実際にダミー人形を使い実践しました。日常生活でAEDを作動させる機会はあまりありませんが、自宅に一番近いAED設置場所を確認しておきましょうと指導を受けました。受講生は日頃から防災対策の大切さを学びました。

2018-02-16 (金)

女性大学校第4回講座・閉校式を行いました

2月16日、農協本所大ホールにて女性大学校第4回講座を行い、16名が受講しました。

第4回講座は講師に硝子工芸家の佐藤久美子氏を迎え、ステンドグラス製作を体験。はんだごてを使った細かい作業で、受講生は手先に集中しながら真剣に取り組んでいました。

講座終了後は今年度女性大学校の閉校式を行い、受講生一人ひとりに土田専務より修了証書が授与されました。

2017-12-11 (月)

女性大学校第3回講座を実施しました。


12月11日、北海道ホテルにて女性大学校第3回講座を行い、24名が受講しました。

第3回講座は「さとう式リンパケア」公認インストラクターの鎌田丹子さんを講師に迎え、日常生活でも取り入れられるヒップアップ体操、ウエストダウン呼吸法を習いました。「さとう式リンパケア」とは、「押さない」「揉まない」「引っ張らない」を基本に、筋肉の緊張と収縮を緩め、血流を良くする健康・美容法です。

講座終了後は、窓の外の素敵な雪景色を眺めながら、講師を交えて楽しいランチタイムを過ごしました。