JAおとふけロゴ

人は人、自分は自分

山田康介

2010年新卒入組
経済部 生産資材課

山田 康介

入組のきっかけ

山田康介

やりがい、生きがい、働きがい。

私の実家が十勝管内で畜産農家であることもあり、高校の頃から農業関係の仕事に就きたいと思い、酪農学園大学に入学しました。
大学生活を送る中で酪農ヘルパーや農機具メーカーなどの選択肢も出てきましたが、なにより農家さんに近い立場で仕事をしたいとの思いから農協に就職することを選びました。
実家に程よく近い(地元に近すぎると知り合いも多く働きにくい)、市街地に近く利便性が良い(プライベート充実のため)、福利厚生や給与面で納得できた(自分の生活がかかっているからここが重要)などの理由から、数ある農協の中でJAおとふけを第1志望として選びました。

主な仕事内容

生産者が必要とするものをいつでも。

私が所属している生産資材課では肥料・農薬・種苗・飼料・温床資材・包装資材・土地改良材の7つに担当分けされ、各担当職員が在庫管理や資材の取り纏め、資材配送の管理などを行っています。
私はその中で肥料と土地改良資材を担当しており、肥料施肥マニュアルの作成や肥料推進などを行っています。
また、生産資材課は店舗でもあるため、レジに立つこともあります。

この仕事の魅力

幅広い方々とコミュニケーションがとれる。

営農資材全般を扱っているため、肥料、農薬、飼料などの知識を満遍なく得ることが出来る点が魅力です。
さらに資材の発注を行う中で各メーカーとの繋がりができるので、商品知識も深まります。
また、耕作農家、畜産農家関係なく関わるため、組合員さんの顔を覚えることができる点もこの仕事の良いところです。

1日のスケジュール

休日の過ごし方

休日はほとんど娘と遊んで終わりますね。
たまに趣味のソフトテニスやスノーボードをしたりしています。

就活生へメッセージ

自分の「好き」を追求。

自分が興味をもって取り組める職種を探して欲しいと思います。
後々興味を持って仕事が楽しくなるパターンもあるとは思いますが、近年は興味を持つ前に辞めてしまう人の方が多く感じます。
ですから、まずは自分が好きな分野へ進むことをおすすめします。
今の時代は私が就職活動していた時代とは違い、就職先を選ぶことの出来る時代です。
あせらずじっくり考えてみてください。

PEOPLE人を知る