小豆

広大な畑に、存在感のある小豆。

約70,000俵もの集荷数量がある音更小豆。
豆に適した音更の自然条件で成長した小豆は、高品質。
音更町の特産品でもある小豆は、農産物の中でも、一際存在感を放っている。

Red
beans

漢方薬にも使われる

小豆の外皮には、サポニンという利尿作用のある成分があり、腎臓病や心臓病などによるむくみを解消してくれます。また同じく外皮には、食物繊維を豊富に含んでいて、便秘などに効くほか、心疾患、動脈硬化、糖尿病、大腸ガンなどの予防に効果があります。どれも小豆の外皮部分なので、外皮をすっかり取った「こしあん」では効果がなくなりますので、あんこならばなるべく「粒あん」を食べるようにしたいです。これ以外にも、ビタミンB1をたっぷり含んでいて、疲労物質をとってくれる働きがあるので、疲労回復に効果があります。

しょうずとあずき

農家の人は、小豆を大豆(だいず)と同じように「しょうず」と呼びますが、一般的には「あずき」と呼ばれています。これは白いお米に赤い色をつけることから「あかつき」と呼ばれ、転じて「あずき」と呼ばれるようになったからと言われています。日本人は古くから「赤」という色に特別な思いを持っていて、赤い色は魔力を秘めていると考えられ、不幸の厄払いに使われてきたことから、儀礼の時には欠かせない食べ物になったようです。

こだわりの小豆

【音更小豆】
北の大地ではぐぐまれ、寒暖の差によりじっくりと仕上がった「小豆」。
音更小豆の集荷数量は、約70,000俵。
現在、良質な小豆が集荷されています。
音更では、生産者が持ち込む小豆をトラック1台ごとに農産物検員資格者が検査・買い取りします。
等級ごとに仕分け集荷した小豆を選別ラインを駆使して調整、最新の低温貯蔵庫で保管し品質管理を徹底しています。

【限定「おとふけ」】
豆に最も適した、自然条件で「音更の豆」は栽培されています。音更開墾の頃から作付けされてきた豆類は、音更の気候風土を最大限に生かした栽培技術を確立してきました。

【生産者と調製者のこだわり】
「音更の豆」にこだわっているのは、生産者だけではありません、豆の製造に係わる職員も長年培った選別・調製技術にプライドをもって限定「おとふけ」を造ります。