すずらん和牛

豊かな風味、きめの細かい霜降り、お肉の柔らかさから、和牛は「牛肉の王様」と言われている。
しかし、和牛がおいしく育つには、職人の腕も必要だが、育つ環境が重要。
音更町すずらん和牛は、冷涼な気候、栄養のある牧草など、牛が肥育するのにベストな環境が揃う、音更町で育てられている。

Beef
Cattle

おいしい空気。
雄大な自然。
快適な気候。
音更町すずらん和牛が
たくましく育つ理由です。

冷涼な気候と栄養満点の牧草がそろう好条件の音更。
音更はおいしい和牛を育てます。

トレーサビリティシステム

「どこで、誰が、どのように生産した牛肉か」が確実にわかる情報提供が行われています。これは、牛の誕生から、肥育、と畜解体、食肉加工、流通、販売に至までの流れを追跡できる仕組みで、1頭ごとにつけられた固体識別番号によってデータベース化されており、インターネットなどでの情報開示も可能となっています。消費者への情報開示の整備を積極的に進めることにより、高いレベルの安全獲得と消費者ニーズに即したフードシステムの実現に向けて取り組んでいます。

牛肉の熟成

牛肉には「熟成」という工程があり、一定期間冷蔵庫で保存し、柔らかさと風味を作ります。牛肉の成熟期間は一般的に1~2週間です。店頭に並んでいるお肉は、この成熟期間を経て、ちょうど食べごろになったものです。