JAおとふけ青年部
役員紹介

Youth Association青年部

令和2年度 役員紹介

部長のあいさつ

青年部部長青年部部長 下田 奨

令和2年度のJAおとふけ青年部部長を務めさせていただいております下田奨と申します。

JAおとふけ青年部は昭和30年に創立し、今年度で65年目を迎えることとなりました。
昨今は、天候の変化や世界の農業情勢の目まぐるしい変化が不安視されており、更に今年は「新型コロナウィルス」が全世界的に流行した為、農業にどのような影響をもたらすか不透明ではありますが、全青年部員99人と一致団結してこの困難の年を乗り越えていこうと思います。

その為に、今年は部員間の結束を深める交流事業を追加しました。支部内での繋がりから全部員同士での繋がりへ、絆を強く深く結んで交流を深めて、これまで先人達が築いてきた取り組みの継続やそれ以上の発展を目指して活動をしていく次第です。
また、部員間の交流に加え、JA職員や他のJA青年部、また商工会青年部などの異業種の方々との交流も引き続き深めて参ります。

そして、生産者として、消費者の方々とふれあえる機会も大切にしていきます。
食農教育事業の「親子わくわく農業体験」は、音更町内の小学生親子を対象に収穫体験、調理体験などで音更町の農業に触れていただき、青年部員と消費者の方々と直接お話ができる貴重な活動です。今年も継続して音更町の農業の魅力を伝えて参ります。

更に、部員一人一人が自らの経験・知識を増やし、深めていくために視察研修や勉強会を通じて、より多くの部員の交流、見聞の発展・向上に繋がるように活動して参ります。

コロナ騒動の影響で先行きが不透明な年になることは間違いありません。しかし、このような事態の時こそ若い農業者である私たち青年部員が、将来のJAおとふけ、将来の農業、地域の発展の為に、部員一丸となり協力して支えていきたいと考えています。

今後とも我々JAおとふけ青年部に対して、ご指導、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。