若い力で
将来の農業や地域の
発展を支える

JAおとふけ青年部

Youth Association青年部

活動報告(平成28年度)

部員勉強会・農協職員との交流会を行いました

2月17日、JA大ホールにて部員勉強会を行い、36名が参加しました。

今回の勉強会は、畑作農家、酪農家の両方に向けたテーマにしました。
第1部では、ホクレン帯広支所酪農課 佐藤司氏による「乳価のしくみについて」、第2部では、十勝農業改良普及センター十勝北部支所 荒木英晴氏による「秋まき小麦の作物生理からみた栽培法の再点検について」と題した講演を行い、どちらも今後の営農活動の参考となる興味深い内容でした。

また、同日夜は帯広市内の居酒屋にて農協職員との交流会を行い、役員を中心に17名が参加。青年部と職員、普段から関わりのある者ない者、お酒を通じて和気あいあいと交流を深めることができました。

音更町三団体青年部交流会に参加しました

2月6日、JAおとふけ青年部、JA木野青年部、音更町商工会青年部の三団体で毎年行っている音更町三団体青年部交流会に参加しました。

今回の交流会は、講師に音更町企画課企画調整係長の西岡淳一氏を招き、ふるさと納税に関する研修会を行った後、町内の居酒屋で懇親会を行いました。

お互いに仕事は違いますが、同じ町内の団体として今後も協力・連携を図っていくことを確認しました。

役員研修を行いました

2月1日から3日にかけて役員研修を行い、役員11名が参加しました。

昨年度までの道外視察研修を役員研修と改め実施し、愛知県名古屋市のホクレン名古屋支店、名古屋青果株式会社、三重県四日市市のサンレックス工業株式会社を視察した他、三重県伊勢市の伊勢神宮、赤福本店などを訪れ、見聞を広めてきました。

また、研修を通して参加者同士の親睦も深めることができ、有意義な3日間となりました。

親子わくわく農業体験を開催しました

8月20日、町内の小学校1~3年生の児童とその保護者15組31名を対象に「親子わくわく農業体験」を開催し、部員21名が参加しました。

この企画は、青年部と消費者の交流の場を作り、特に子供たちに農業を身近に感じてもらうことを目的として実施しています。

当日は、人参と馬鈴しょの収穫体験、収穫した野菜を使ったカレーライス作り体験、当組合の人参洗浄撰別予冷施設見学、トラクター試乗を行いました。あいにくの雨天でしたが、部員の協力もあって無事に終了し、参加者からは好評を頂きました。

管外視察研修を行いました

7月4日から5日にかけて、管外視察研修を行い、部員57名が参加しました。

今回の視察研修では、江別市の株式会社ヤンマーアグリジャパン、旧町村農場、札幌市のアサヒビール北海道工場を視察。株式会社ヤンマーアグリジャパンでは、旧式の機種から最新の機種までずらりと並んだジョンディアトラクターの視察の他、GPS付きトラクターの試乗などを行い、今後の営農において参考となる情報を得ることができました。

また、夕食時の懇親会では、今年度新入部員の紹介で大いに盛り上がり、今後の青年部にとって良い雰囲気を作ることができました。

スポーツ大会を行いました

6月9日、音更町総合体育館にてスポーツ大会を開催し、部員110名が参加しました。

今回のスポーツ大会も昨年に引き続きミニバレーとフットサルを行い、どちらのコートでも真剣かつ楽しく試合に取り組む部員の姿が見られました。

また、競技終了後はビンゴ大会を行い、大いに部員間の交流を深めました。

第61回通常総会・創立60周年記念事業を行いました

3月4日、JA大ホールにて第61回通常総会を行い、部員89名(内委任30名)が出席しました。

JA青年組織綱領朗唱、内藤部長の挨拶に続き、議長に東士幌支部の杉山智省さんが選任され、平成27年度事業報告並びに収支決算報告、平成28年度事業計画並びに収支予算について審議を行い、全議案とも原案通り可決承認されました。 

また、総会終了後、青年部創立60周年記念事業として、過去10年間の歴代部長・副部長・事務局の表彰、東京大学大学院より鈴木宣弘教授を講師に招き、「TPPと十勝の農業について」と題した記念講演を行いました。

表彰では、歴代役員を代表し、50周年時に部長を務めた共進地区の新村裕司さんが「青年部の皆様には、JAや地域社会を動かす原動力となることを期待します。」と謝辞を述べました。